◯誕生から五つの戒め

2-1

白瀬矗は1861(文久元)年、秋田県金浦町(現にかほ市)の浄土真宗のお寺、「浄蓮寺」の第13世住職知道、マキエの長男として生まれ、幼名を知教といいました。

この知教少年、狐を生け捕ろうとしてシッポをもぎとったり、お寺の本堂の屋根にひっかかった凧をとろうとして転落し気絶したり、夏、沖に停泊して いる北前船の船底を潜りぬけようとして失敗し九死に一生を得(う)るというような手に負えない腕白坊主で、いつも母親をハラハラさせている子どもでした。

知教は8才のとき、蘭学者である佐々木節斎という先生の寺子屋に入ります。

11歳の時、知教は佐々木節斎から「知教、お前はここではガキ大将で威張っているが、世界を見渡せば勇気のある立派な人たちが沢山いる」そういっ てコロンブスやマゼラン、それに北極海探検で有名なジョン・フランクリンの話を聞かせます。白瀬はそれを聞いて「西洋人にできて日本人にできないわけがな い」と佐々木節斎の話が白瀬を極地探検に駆り立てるきっかけとなったのです。

この時、節斎は北極探検の心構えとして五つの戒めを言い渡しました。


一、酒をのむな

二、煙草を吸うな

三、お湯を飲むな

四、お茶を飲むな

五、寒中でも火にあたるな


白瀬はこの戒めを生涯守り通したといいますから、目的に向って努力する意志の強さを表しています。

知教は長男ですから僧侶になってお寺を継がなければなりません。

しかし、探検家になるには軍隊に入るのが一番という、佐々木節斎の教えに従い、お寺を弟の知行に譲り、明治12年(1879)18歳の時、東京日 比谷にあった陸軍教導団騎兵科に入団し軍人になります。

軍隊に入って自から知教を「矗」と改名します。

矗とは直立する様という意味ですが、この改名はお寺 の跡継ぎを放棄することを意味し、北極探検に対する思いを新たに、不退転の決意を示したものと思います。

つまり、直は直角に通じ、直角は90度、90度は極点、この90度は矗の極点に対する深い思い入れを含んだものと言ってよいでしょう。

文責:佐藤 忠悦(NPO法人白瀬南極探検100周年記念会 監事)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です