質問 9 南極点に初めて行った日本人は?

回答

Q.南極点に初めて行った日本人は?

 日本人として初めて南極に行った白瀬矗の探検隊は南極点には到達できませんでした。その後,日本人が南極点に挑戦するのは白瀬探検隊から50年以 上も後のことになります。1957年に日本が昭和基地を建設し,再び日本人が南極に足を踏み入れました。1968年,第9次日本南極地域観測越冬中,村山 雅美(むらやままさよし)隊長を中心に,昭和基地から南極点まで雪上車で往復しました。これが日本人として初めての陸路による南極点到達です。この往復旅 行は総勢12人で4台の雪上車(KD605)を使用,9月24日に先発隊が出発し,12月19日に極点に到達しました。昭和基地には翌2月中旬に戻ってき ましたが,往復距離は5180kmに及びました。なお,極点旅行に使用された雪上車は現在秋田県にかほ市金浦の白瀬南極探検隊記念館に展示されています。

カテゴリー: Q&A

「質問 9 南極点に初めて行った日本人は?」への2件の返信

  1. 南極極点到達最初の日本人は理学博士両角昌清です。1959, 11月 26日です。そして南極大陸ビクトリアランドに両角山脈, 71°39′S 161°55′E, が両角博士の功績に因んで命名されて居ます。morozumi@zoomtown.com
    フェースブック:Henry Morozumi を検索して下さい。

  2. 南極極点到達最初の日本人は理学博士両角昌清です。1959, 11月 26日です。そして南極大陸ビクトリアランドに両角山脈, 71°39′S 161°55′E, 両角博士の功績に因んで命名されて居ます。morozumi@zoomtown.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください