は じ め に

私たちは、平成28年5月28日から10月29日まで「Shirase Spirit ワークショップ2016」を毎月1回開催しました。白瀬矗(しらせのぶ)という一人の人間は、何を成し遂げたのか? また地域や日本国、そして世界とどう関わってきたのか?という足跡を辿りました。

秋田県由利郡金浦・浄蓮寺(じょうれんじ)に生まれた一人の腕白少年は、11歳で「北極探検」を志します。寺の跡継ぎを放棄して軍人になり、千島列島探検をします。しかし、行き先を「北極から南極へ」変更します。わずか204トンの「開南丸」で南極探検をします。犠牲者を1人も出すこともなく「やまとゆきはら」を命名し帰国した彼は、「南極王」と称されますが、その後は借金返済の苦難と貧困に向き合い、85歳の生涯を閉じます。

私たちは、彼の偉業が100年以上の時を経て、現在の日本や世界、そして地球の未来に大きく貢献をしていることを知りました。私たちは彼の生きざまから、強靭な精神を学び、それを語り継いでいきたいと願っています。

このテキストは、ワークショップ2016の資料をまとめ加筆編集したものです。白瀬矗の「初心者用テキスト」としてご活用願えれば幸いです。

ShiraseSpiritスクリーン看板

2017(平成29)年1月吉日

NPO白瀬南極探検100周年記念会

「Shirase Spirit プロジェクト実行委員」

文責:NPO白瀬南極探検100周年記念会

「ShiraseSpiritプロジェク」チーム

shirase100Shirase Spirit□トピックスshirasespirit,Textbook,workshop,テキストブック,ワークショップ,活動は じ め に 私たちは、平成28年5月28日から10月29日まで「Shirase Spirit ワークショップ2016」を毎月1回開催しました。白瀬矗(しらせのぶ)という一人の人間は、何を成し遂げたのか? また地域や日本国、そして世界とどう関わってきたのか?という足跡を辿りました。 秋田県由利郡金浦・浄蓮寺(じょうれんじ)に生まれた一人の腕白少年は、11歳で「北極探検」を志します。寺の跡継ぎを放棄して軍人になり、千島列島探検をします。しかし、行き先を「北極から南極へ」変更します。わずか204トンの「開南丸」で南極探検をします。犠牲者を1人も出すこともなく「やまとゆきはら」を命名し帰国した彼は、「南極王」と称されますが、その後は借金返済の苦難と貧困に向き合い、85歳の生涯を閉じます。 私たちは、彼の偉業が100年以上の時を経て、現在の日本や世界、そして地球の未来に大きく貢献をしていることを知りました。私たちは彼の生きざまから、強靭な精神を学び、それを語り継いでいきたいと願っています。 このテキストは、ワークショップ2016の資料をまとめ加筆編集したものです。白瀬矗の「初心者用テキスト」としてご活用願えれば幸いです。 2017(平成29)年1月吉日 NPO白瀬南極探検100周年記念会 「Shirase Spirit プロジェクト実行委員」 文責:NPO白瀬南極探検100周年記念会 「ShiraseSpiritプロジェク」チームNPO ShiraseNobu Antarctic expedition 100th anniversary Memorial Association