しらせクイズ2018【第2問】Kids[No.3]

探検家を志す白瀬に5つの戒めを守るようにといった人物は誰?

(明治5年白瀬11歳)


生来とも思える腕白、喧嘩好きが治るはずもなく、あきれ果てた佐々木節斎は、ある日、白瀬を呼んで
「世の中はこの金浦だけではない。

江戸に出て世界を見れば、文明の進んだ諸外国がある。

狭い田舎で威張っていても“井の中のカワズ”に過ぎぬ」と諭しました。

節齋は、「世界に目を向けると、未知の大陸や海洋が多い。日本には間宮林蔵という偉大な探検家がいたのに、その後を継ぐ人がいない。このままではイギリス、フランス、オランダなどに席巻される」と教えました。

コロンブスのアメリカ大陸発見、マゼランの世界一周、北極探検で飢えと寒さのため全員悲壮な最後を遂げたジョン・フランクリン探検隊のことも教えます。

さらにはロシア軍艦が千島や北海道の近海に出没し、北辺防備の急務なことにまで話が及びます。

白瀬知教は、
「フランクリンも人間なら、この俺も人間。いつかは北極探検をやろう」と考えました。

師から話を聞いて一週間後の夜、知教は密かに節斎を訪ね
「これまでの乱暴を反省します。ぜひ探検家に育ててください」と頼み込みます。

しかし節斎は「もう一晩考えろ。それでも気持ちが変わらなかったら来い」。と答えました。

知教は翌晩も節斎の門をたたきました。

その翌日の夜も訪ねました。

ちょうど7日目の夜、そして彼の心が固いとみた節斎師匠は「よしッ、それではそのための心構えを教える。今後、この教えを生涯守れ。そして初心を貫け」とねんごろに説いたのです。

①酒を飲むべからず。

②たばこを吸うべからず。

③茶を飲むべからず。

④湯を飲むべからず。

⑤寒中でも火にあたるべからず。

これを書かせ、声に出して読ませました。

白瀬にとって人生の倫理綱領ともいうべき五つの戒めは生涯貫き通しました。

来客にはお茶を勧め、冬には火鉢も出しました。
が、自分はいつも冷たい水を飲み、火鉢から離れて談笑したのです。

ご飯も、みそ汁も、“ねこ舌”に徹しました。

甘いものと餅には目がありませんでした。

また、ワカメと昆布が大好物だったほか、月に一度、体内の物をすべて排出しなければ健康になれないと、サメ油(便通がよくなる)で天ぷらを揚げさせました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください